« 昭和21年の出来事 | トップページ | 舗装道路で遊ぶ子供たち »

2013年4月19日 (金)

東京の区政の変遷

Img_0368東京35区制の一部(クリックで拡大)

上の地図は昭和7年に作られた東京市内35区制の中央部分です。

東京市の区制が作られたのは明治10年で、次の区が決められました。

  麹町区 神田区 日本橋区 京橋区 芝区 麻布区 赤坂区 四谷区

  牛込区 小石川区 本郷区 下谷区 浅草区 本所区 深川区 渋谷区

昭和7年に、新しく35区制になって終戦を迎えました。

  その一部分が、上の地図になります。(下記は新規の区名)

  品川区 目黒区 荏原区 大森区 蒲田区 渋谷区 世田谷区 淀橋区    

  中野区 杉並区 豊島区 滝野川区 荒川区 王子区 板橋区 足立区 

  向島区  城東区 江戸川区 葛飾区

  その結果、東京市は世界屈指の面積と人口を持つニューヨークに次ぐ第二の都市になりました。 さらに昭和18年に府と一つになって東京都になっています。そして壊滅的な被害を受けた東京35区は昭和22年に再編成されて、現在の23区になりました。合併した区名だけを挙げると次の通りです。

  ◇千代田区 麹町区/神田区  ◇中央区 日本橋区/京橋区

  ◇港区 芝区/赤坂区/麻布区 ◇新宿区 牛込区/淀橋区

     ◇文京区 小石川区/本郷区  ◇台東区 下谷区/浅草区

  ◇墨田区 本所区/向島区    ◇江東区 深川区/城東区

  ◇品川区 品川区/荏原区    ◇大田区 大森区/蒲田区

  ◇北区  滝野川区/王子区   (それ以外の名称はそのまま)

  

« 昭和21年の出来事 | トップページ | 舗装道路で遊ぶ子供たち »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/57205055

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の区政の変遷:

« 昭和21年の出来事 | トップページ | 舗装道路で遊ぶ子供たち »