« 国会議事堂竣工 | トップページ | 大阪放送局(JOBK)で「国民歌謡」のシリーズがスタート »

2013年2月 2日 (土)

二・二六事件とは

Img_0250_2クーデターを起こした軍隊(クリックで拡大)

昭和11年未明、日本の歩兵などの部隊1483名が赤坂の「山王ホテル」に立てこもり政府中枢を襲ったクーデターが起こりました。

上の写真はその時の様子で銃を4挺ずつ組んで反乱軍の兵士たちが玄関前に待機の姿勢で集合しています。

折からの大雪で、交通関係はほとんどが止まっていました。

革命的な首謀者北一輝らの思想的影響を受けた一部の青年将校が決起したもので、兵隊たちは命令されるままに、動くことしかできませんでした。

空には、「軍隊に復帰せよ」と投降を呼びかけるアドバルーンがあがり、一般市民には急用のない場合は外出を避けるようにとラジオと新聞で呼びかけました。

一部の将校は数人の兵を伴って首相や大蔵大臣らを襲撃、殺害を計りましたが、軍隊に制圧されて、首謀者は投降しました。

« 国会議事堂竣工 | トップページ | 大阪放送局(JOBK)で「国民歌謡」のシリーズがスタート »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56679003

この記事へのトラックバック一覧です: 二・二六事件とは:

« 国会議事堂竣工 | トップページ | 大阪放送局(JOBK)で「国民歌謡」のシリーズがスタート »