« 戦艦「大和」の起工 | トップページ | 昭和12年の出来事 »

2013年2月15日 (金)

現在でも生きている「下駄」のつく言葉

Img_0284男物の下駄づくし(クリックで拡大)

2/10欄で女物の下駄を紹介した時に「現在では下駄は日本人の生活から消滅した」ようなことを書きましたが、そのものはほとんど使われることはなくなりましたが、「下駄」と言う言葉は今でも日常的に無意識の内で使われています。その使用例を参考までにご紹介してみますが、長い間使われた言葉が現在でも生きていることがなんとなく嬉しいですね。

◇下駄箱 現在でも小中学校の出入り口に書いてある

◇下駄のお天気占い 下駄を履いて片足で思いっきり遠くに飛ばす遊び

  表なら明日は天気、裏だったら雨

◇ 下駄飛ばし お天気占いのように遠くに飛ばして距離を競うゲーム

◇ 下駄を預ける 結論が出ない議論などで相手に結果をまかせること

◇ 下駄を履かせる ちょっと脚の下にものを置いて背を高くみせる

    (学校などで試験の点数などを甘くすること)

◇ 庭下駄 湯上りに浴衣を着て夕涼みをする時など庭にある下駄

   温泉地などで広い庭を散策するために用意して風情を楽しむ下駄

◇ 下駄履き住宅 一階を他人に貸し商店にして二階で生活すること

◇ 寿司下駄 握り寿司を並べて出す小さいまな板

 


« 戦艦「大和」の起工 | トップページ | 昭和12年の出来事 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56771222

この記事へのトラックバック一覧です: 現在でも生きている「下駄」のつく言葉:

« 戦艦「大和」の起工 | トップページ | 昭和12年の出来事 »