« 昭和13年の出来事 | トップページ | 日本最初のテレビジョン公開(クリップさん復活) »

2013年2月25日 (月)

昭和15年頃の有楽町界隈

Img_0292日本劇場を中心にした有楽町駅(クリックで拡大)

昭和15年は我が国が神武天皇の即位以来紀元2600年と言う歴史の区切りをつけた年でもあり、一つのエポック(真偽のほどは別として)と言える由緒ある年でもありました。

上の写真は、銀座と並ぶ東京の有楽街として娯楽と情報発振の中心地になっていました。

中心にある白い円錐形の建物(2)は日本劇場で、常に話題の中心として人々が集まるアミューズセンターで、その右の茶色は朝日新聞東京本社です。現在は築地に移転しております。

両者の前にあるのが有名な数寄屋橋でその下に皇居のお堀が常に水をたたえて、神田-飯田橋-市ヶ谷-赤坂見附-新橋をつなぐ外堀りになっていました。

左下にある建物(9)が現存する唯一の泰明小学校で、未だに居住地を移してまで越境入学することで知られています。

画面の左奥は皇居でその奥に二重橋があります。右上のビル群は丸の内と呼ばれ丸ビルを含む大手会社の活動の根拠地です。

   お詫び 2011年から足かけ4年にわたって綴り続けてきた「昭和のクリ

         ップさん」は今月をもちまして、終焉とさせていただきます。

         ところどころ、中断することもありましたが、曲りなりに明治-

         大正-昭和の日常的な出来事をベースに古い資料を探し出し

         てご披露して参りました。niftyさんのバックナンバー(ブログ)は

         ほとんどキープされておりますから、興味がございましたら、

         覗いていただければ幸甚です。

« 昭和13年の出来事 | トップページ | 日本最初のテレビジョン公開(クリップさん復活) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56838603

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和15年頃の有楽町界隈:

« 昭和13年の出来事 | トップページ | 日本最初のテレビジョン公開(クリップさん復活) »