« 昭和5年の出来事 | トップページ | 東京・羽田飛行場の全景 »

2012年12月 8日 (土)

銀座四丁目交叉点に初めての自動信号機が・・・・。

Img_0137銀座四丁目の自動式交通信号機

昭和6年から、東京・銀座四丁目(旧尾張町)と京橋交叉点に三色自動式交通信号機が設置されました。(ほとんど同時期に大阪でも設置したようです)

クルマのドライバーは免許証を取得するために交通規則としては承知していますが、緑・黄・赤の自動点滅式信号機は見たことがありません。上の写真のように信号機の下にわざわざ右横書きで「ーゴンシ」とカタカナで書いてあります。円タクのお客の中にはわざわざ遠回りしてぜひ見たいと注文したりして・・・・・。

自転車に乗って何回も往復して楽しんでいる人もいるようですが、歩道では近所の子供たち(大人たちもまじって)が一日中見て楽しんでいました。

この頃は自転車を購入するとすぐに税金を役所に収めないと鑑札(ナンバープレート)がもらえませんでした。つまり、自転車屋で買ってもすぐ乗れず、梱包のまま自宅に届けられ、自分で後ろの泥除けに鑑札を取り付けてやっと乗ることが出来きます。

その頃の路上の無断駐車は罰金で自分の家の軒下(あるいは玄関内)と勤務先の自転車置場以外には置けません。規則としては、通行人を追い越す時は必ずベル(チリンチリン)を鳴らし、夜間は電灯を点けないと罰金でした。

« 昭和5年の出来事 | トップページ | 東京・羽田飛行場の全景 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56278146

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座四丁目交叉点に初めての自動信号機が・・・・。:

« 昭和5年の出来事 | トップページ | 東京・羽田飛行場の全景 »