« 東京・羽田飛行場の全景 | トップページ | 聖橋とニコライ堂 »

2012年12月10日 (月)

東京・浅草仲見世通り

Img_0140昭和初期の仲見世(クリックで拡大)

世界の観光客にも知られる東京・浅草仲見世通りは観音様の門前通りのような役割りがあって、一年中賑わっている名所の一つです。関東大震災で通りの店は消滅しましたが、大正14年に鉄筋コンクリートで再建され、昭和20年の戦災で被害を受けながらも、現在の姿になって繁栄しております。

上の写真は昭和の初期の賑わいで、雷門も宝蔵門もなく、仲見世通りから観音堂の大屋根がそっくり見えています。両側の商店は合計89店で見事な景観を造っています。

通りを行くお客は、当時の身なりのファッションショーで、ほとんどの男性は和服姿に流行の帽子を被り、女性はいろいろな好みの髪形を楽しんでいます。中には陸軍の軍服姿や迷子にならないようにしっかりと親の手を握る子どたちもいて、人の絶え間がありません。

浅草寺本堂は慶安二年に建立以来被害がなく国宝に指定、雷門と宝蔵門は昭和になってから再建寄贈されたものですが、仲見世通りの雰囲気に調和して参詣する人の脚をしばしとどめています。

現在では、世界からの観光客の方が多いくらいです。


« 東京・羽田飛行場の全景 | トップページ | 聖橋とニコライ堂 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56291953

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・浅草仲見世通り:

« 東京・羽田飛行場の全景 | トップページ | 聖橋とニコライ堂 »