« 東京市が35区制になる | トップページ | 昭和初期のお人形など »

2012年12月15日 (土)

北の玄関口上野駅完成

Img_0151完成した上野駅

東京の北の玄関口として昭和7年、国鉄の上野駅舎が完成しています。

上野駅は日本鉄道の上野-熊谷の始発駅として明治16年に作られそのまま明治42年に東北本線として青森まで開通しています。同時に山手線の電車、さらに昭和2年に地下鉄(浅草-上野)が通るようになりました。

一般に上野駅として知られているのは、上の写真の背景に拡がるいわゆる「上野公園-上野の森」で当時は上野動物園、科学博物館、国立博物館、上野寛永寺などへの通用口として造られました。

春は桜のお花見、銅像「西郷隆盛」から眺める東京の町並みは四季を通じて絶える人が絶えません。

上野駅が今でも東京人の心の中に強く残っていることの一つが東北の玄関口として、戦中は戦地へ赴く兵隊たちの通過点であり、戦後は「金の卵」と言われて沢山の若者たちが生れた故郷を離れて降り立った初めての都会でした。「ああ上野駅」はこれからもずっと歌いつがれて行くことでしょう。

« 東京市が35区制になる | トップページ | 昭和初期のお人形など »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56322897

この記事へのトラックバック一覧です: 北の玄関口上野駅完成:

« 東京市が35区制になる | トップページ | 昭和初期のお人形など »