« 東京-下関が1日かかりの汽車の旅 | トップページ | 電話交換手は女性のあこがれの職業だった »

2012年11月 4日 (日)

甲子園野球場完成

Img_0086甲子園球場と全国中等野球優勝大会

上の写真は銀色に輝く屋根と全国中等野球大会(現在の高校野球大会)の入場行進の模様、球場は大正13年に竣工、この年の干支にちなんで「甲子園」と命名しました。全国中等優勝決定戦はこの年から甲子園で行われるようになりました。十干十二支とは甲と子(きのえね)から始まり縁起がよいスタートでした。

そして、大阪中央放送局(JOBK)から初めて野球大会の試合の模様をを甲子園野球場からラジオで実況放送をして、初めてスポーツの中継となりました。

昭和3年になると、大相撲の春場所から土俵の正面にマイクが持ち込まれアナウンサーが力士たちの迫力ある取り組みの模様をラジオによる全国放送が始まりました。それまでの取り組みは二人の力士の間に行司が軍配を持って割って入り、「見合って見合って」と掛け声をかけ、気が合うまで軍配を引きませんでしたが、ラジオでは無制限と言うわけにはいかず、話し合いの結果、仕切り直しの制限時間を設けました。最初は幕内力士の制限時間を10分(十両は7分)にしました。力士によっては気が合うと時間前に立つ取り組みもありましたが、次第に行司から「制限時間です」と告げられてから立ち上がることが多くなりました。(戦後の制限時間は4分) 

ラジオによる熱戦の模様は全国の相撲ファンに歓迎され、野球の実況放送とともにラジオの普及率を大きく伸ばしました。

« 東京-下関が1日かかりの汽車の旅 | トップページ | 電話交換手は女性のあこがれの職業だった »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56038681

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園野球場完成:

« 東京-下関が1日かかりの汽車の旅 | トップページ | 電話交換手は女性のあこがれの職業だった »