« 東京の隅田川に新しく鉄橋がかかる | トップページ | 日本語の横書きが右から左になる。 »

2012年11月13日 (火)

ラジオ体操は、昭和3年に始まる。

Img_0097最初は「国民保険体操」と言われた

写真左のラジオ体操は毎朝6時にマイクの前に立った江木アナの号令で始まりました。(画面右端がマイク)

右のパンフレットはその時のもので、逓信省簡易保険局が健康増進のためにとスタートしたばかりのNHKのラジオの電波を通して日本全国に放送されました。元はアメリカの生命保険会社がコマーシャルで流されたものを流用したようです。

まだ、全国放送がなかった頃で、近くに住んでいた江木アナは毎朝愛宕神社の階段を駆け上がり、ピアニストとともにマイクの前に立ちました。定刻を知らせるチャイム(これも人間の手で叩いた)を合図に「みなさんおはようございます、いっしょにラジオ体操を始めましょう」と号令をかけました。

当時は第一体操のみでしたが、ラジオのある家庭では目覚まし時計の代わりに飛び起きてピアノのリズムに合わせてラジオ体操をしました。

全国一斉に放送が始まったのは翌年からで、もっと力強い動きの第ニ体操もつくられ「ラジオは叫ぶ一ッ、ニッ、三・・・・・・・」の歌と共に全国に拡がりました。

夏休みになると学童たちが集まってラジオ体操を始めたのは東京・神田の佐久間公園の「早起きラジオ体操会」が最初だと言われています。

戦後も、新しいフォームのラジオ体操が電波で流され、テレビ放送が始まると画面を見ながらの「テレビ体操」も加えられて全国的な80年の長寿イベントになりました。

« 東京の隅田川に新しく鉄橋がかかる | トップページ | 日本語の横書きが右から左になる。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56105219

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ体操は、昭和3年に始まる。:

« 東京の隅田川に新しく鉄橋がかかる | トップページ | 日本語の横書きが右から左になる。 »