« あこがれの乗合バスの女性車掌さん | トップページ | 大正15年/昭和元年の国内の動き »

2012年10月30日 (火)

昭和初期の一銭紙芝居と1銭5厘切手

Img_0079街頭紙芝居と葉書代金の壱銭五厘切手

□昭和時代の物価(昭和5年頃までの)一覧 (「値段の風俗史」より)

 納豆       2銭5厘   (藁で作った[つと]と呼ばれる包みに入っていた)

 たい焼き 1銭5厘  (3個5銭)

 大福もち 2銭

 コロッケ  2銭

 豆腐(一丁) 100匁ぐらい 5銭

 ラムネ(瓶はその場で返す) 5銭

 入浴料金  大人5銭(子供料金は年齢によって有料になる)

 郵便料金  葉書 1銭5厘(切手は上の写真) 封書 3銭

         (昭和5年まではにごらずに郵便はかきと呼んだ)

 路面電車  大人 7銭(乗り換え料金は無料 ただし時間制限がある)

 鉛筆     1銭

 街頭紙芝居 1銭 (飴などを買えば無料で見られる) 


« あこがれの乗合バスの女性車掌さん | トップページ | 大正15年/昭和元年の国内の動き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/56005359

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和初期の一銭紙芝居と1銭5厘切手:

« あこがれの乗合バスの女性車掌さん | トップページ | 大正15年/昭和元年の国内の動き »