« テレビ放映以前の土俵には四本柱があった | トップページ | 昭和60年の国内の動き »

2012年9月19日 (水)

国立総合児童センター「こどもの城」設立

Img_0141「子供の城」の正面入り口

昭和60年、国際児童年を記念して厚生省(当時)が54年に計画、この年に完成した児童センターで通称「子供の城」と呼ばれ、乳幼児より高校生までの総ての児童を対象にした幅広い活動を行っています。

正面には岡本太郎作のモニュメントがあり、館内では日替わりイベントが毎日行われています

交通機関としてはJR渋谷駅から徒歩で10分ほどの位置にあって、地下鉄の便利もよく渋谷区神宮前、こどもの城ホテルも研修室とともに完備しています。

青山劇場、青山円形劇場は、演奏会、講演会、演劇の発表会などに使われて、日ごろの活躍ぶりを大勢の人たちに見せる場に最適です。また、地方からの人たちには ここを拠点としたさまざまな見学会、旅行などの拠点としても便利です。

例えば秋をテーマに「恒例 こどもの城の秋祭り」「秋空に向かってバルンアートに挑戦ゲーム」「江の島を訪ねる"竜神伝説ツアー"」「ハッピーハロウィンの仮装まつり」など、盛りだくさんのイベントが用意されています。

« テレビ放映以前の土俵には四本柱があった | トップページ | 昭和60年の国内の動き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55695555

この記事へのトラックバック一覧です: 国立総合児童センター「こどもの城」設立:

« テレビ放映以前の土俵には四本柱があった | トップページ | 昭和60年の国内の動き »