« 昭和57年の国内の動き | トップページ | 日本語ワープロの発達史 »

2012年9月 7日 (金)

日本にやってきたディズニーランド

Img_0118ディズニーランドのシンボル「シンデレラ城」

昭和57年4月に「東京ディズニーランド」にシンデレラ城が姿を現しました。

正式にオープンしたのは翌年の4月15日になりますが、シンボルになる「シンデレラ城」の塔の据え付けが完成したのは1年前で、アメリカ国外では初めということもあって話題になりました。下の写真は玄関になる正面玄関の一部です。

主なアトラクションを並べて見ると下記のようになります。毎年一つずつ足しており、その都度新しいアイデアが加えられて、熱心なファンは毎年見に行かなければ気持ちが治まらないようです。

  ◇ イッツ・スモールワールド    ◇ ウエスタンリバー鉄道

  ◇ カリブの海賊           ◇  白雪姫と七人のこびと

  ◇ ジャングルクルーズ       ◇ 蒸気船マークトウェイン号

  ◇ スプラッシュ・マウンテン    ◇ 空飛ぶダンボ

  ◇ ホーンテッドマンション     ◇ ミッキーの家とミート・ミッキー

 

◆誰もが入園して驚くことは、園内にゴミが落ちていないことです。

  それは、およそ600人の掃除人が箒と塵取りを持って巡回しており、ゴミ

  が  あると直立した姿勢のままで掬い取ってしまいます。その見事さは

  拍手を送りたいくらい見事です。

◆あれほど混雑しているのに迷子(迷い大人もふくめて)が見当たりません。

  実は迷子係が常に目を配っていて見つけるとすぐに声をかけて特定の

  場所に集めて親を仲間に連絡、すぐ探し出してくれます。それには、園

  内の拡声器で呼び出すことはなく、携帯電話で情報交換をしています。

◆園内に業務用の運搬車が走っていません。

  すべての商品は地下に専用通路があってお客さんの眼には一切触れ

  ません。

◆閉園すると同時に毎晩園内の大掃除が始まります。

  あの広い園内の道路をごしごしと洗剤で洗いはじめ、赤ちゃんが這い這

  いして舐めてもいいほどに磨きあげます。もちろん、トイレもピカピカに輝

  くほどに、きれいにします。

まだまだびっくりするようなところに心遣いをしていて、感服するばかりです。


« 昭和57年の国内の動き | トップページ | 日本語ワープロの発達史 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55601238

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にやってきたディズニーランド:

« 昭和57年の国内の動き | トップページ | 日本語ワープロの発達史 »