« 昭和58年の国内の動き | トップページ | コアラが日本にやって来た »

2012年9月13日 (木)

ソニーのディスクマン「D-50」

Img_0128CDポータブルプレーヤー「D-50」

昭和59年、新しく登場したCD(コンパクトディスク)のポータブルプレーヤーとしてソニーから「ディスクマンD-50」が49,800円で発売されて人気を集めました。

昭和54年に発売された「ウォークマンTPS-L2」は家の中で楽しんでいたステレオ音楽を外に持ち出して好きな場所で聞くことができる喜びを提供して世界中にひろげましたが、ディスクマンはCDのノイズのない音質をそのままヘッドホンで聞くことが可能になりました。

「D-50ウォークマン」と改名され、さらに録音機能を持つ「メモリースティック ウォークマン」になって、独占的な市場に発展して行きます。

さらに、平成年度に入り20周年を記念して「NETWORKウォークマン1号」を発売、2000年には新しいシンボルマーク「W.(ダブルドット)」を採用して拡大して行きました。

            写真は「Audiomanのブログ ビグの部屋」より借用

« 昭和58年の国内の動き | トップページ | コアラが日本にやって来た »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55648382

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのディスクマン「D-50」:

« 昭和58年の国内の動き | トップページ | コアラが日本にやって来た »