« 昭和51年の国内の動き | トップページ | 昭和52年の国内の動き »

2012年8月12日 (日)

世界の「トミー」になった玩具メーカー

Img_00511976年発行の総合カタログ

「トミー」の名前は大正13年に富山玩具製作所として東京で操業開始しています。

戦後、大型フリクション玩具「B29」が大ヒットしてアメリカに輸出し、その後の「スカイトミカシリーズ」のベースになっています。

昭和34年、鉄道玩具「ブラレール」のルーツになる「プラスチックの汽車模型とレールセット」のトミカの世界を送り出します。

昭和45年のダイキャストを素材にしたハイグレードミニカーシリーズは世界のモデルを網羅して、新しいカーファンを魅了しました。

昭和50年の「黒ひげ危機一髪」は大ヒットとなりました。

下記に昭和時代の代表的な商品の一部を列挙してみました。

 ◆トミカミニアクションシリーズ

 ◆トミカのまち(オートトランスポート、高速道路セット、トミカプラザ)

 ◆ぴゅう太くん(ビデオメダルゲーム)

 ◆宇宙大作戦チョコベーダー

 ◆アスレチックランドゲーム

 ◆ひらけ! ポンキッキ

 ◆おそ松くん


« 昭和51年の国内の動き | トップページ | 昭和52年の国内の動き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55405484

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の「トミー」になった玩具メーカー:

« 昭和51年の国内の動き | トップページ | 昭和52年の国内の動き »