« オーディオブームが全国に拡がる | トップページ | 彗星の如く現れた「ピンク・レディー」 »

2012年8月 8日 (水)

マイコンキットが発売されて大ヒットする

Img_0042マイクロコンピューターのキットの例

昭和51年にNECからマイクロコンピューターの組み立てキットが発売されて日本中を席捲して大評判になりました。

アメリカでマイクロプロセッサー「インテル4004」が発売されて、それまでの難しいコンピューターへの考え方を根底から覆して、誰にでも容易にマイクロコンピューターを取り扱えるという触れ込みでNECからマイコンキット「KT-80(85,000円)」が売り出されました。

上の写真は当時のマイテック社から発売された「MP-85」の例で、キーボード、インジゲーターが付属してて指導書通りに組み立てて行けば話題のコンピューターを理解することができ、マイコンを自作する人たちが取り組むには絶好の教材でした。これは、子供たちだけではなくて、マイコンに関心がある大人たちの注目を集めました。

当初は4ビットだったマイクロプロセッサーも2年後には8ビット(数字だけでなくローマ字も扱える規模)になり、BASICの発明者ビル・ゲイツがマイクロソフト社を設立してパソコン市場が拡大して行くことになります。

« オーディオブームが全国に拡がる | トップページ | 彗星の如く現れた「ピンク・レディー」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55378156

この記事へのトラックバック一覧です: マイコンキットが発売されて大ヒットする:

« オーディオブームが全国に拡がる | トップページ | 彗星の如く現れた「ピンク・レディー」 »