« 昭和43年の国内の動き | トップページ | 東名高速道路開通 »

2012年6月29日 (金)

人類初の月面着陸成功

Img_0027月面着陸の第一歩(フィリップスレコードより)

昭和44年7月16日、アメリカが打ち上げたアポロ11号によって、人類最初の月面着陸に成功しました。

アポロ計画としては5度目の有人宇宙飛行でした。

アメリカのケネディ大統領は「1960年代中に人類を月面に到達させる」と断言しました。

そして、アポロ11号は、ケネディ宇宙センターより打ち上げられ、7月20日(アメリカ時間)にアームストロング船長とオルドリン操縦士の2人が人類として初めて月に降り立ちました。この瞬間は電波に乗って地球に届けられ、同時に世界に拡げられました。

この快挙の一刻々々の様子は、人工衛星によって全世界に流されました。この時のアームストロング船長の「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」と言う有名なメッセージはいまだに語り継がれています。


« 昭和43年の国内の動き | トップページ | 東名高速道路開通 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/55078732

この記事へのトラックバック一覧です: 人類初の月面着陸成功:

» 操縦士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇操縦士とは◇操縦士とは、航空機や船舶などの操縦を行うための資格を有した者を示します。他にも呼び方としては、操縦者、操縦手、あるいは航空機の場合では飛行士とも呼びます。操縦士と言っても、使用する乗り物により、必要な免許や技能証明は異なります。また、同じ乗り物を運転する者でも、鉄道の場合は運転士、大型船舶の場合は航海士と呼ばれます。◇パイロットとは◇パイロットとは、航空法により航空従事者技能証明の区分となっている、定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士の資格を持つ者を示し..... [続きを読む]

« 昭和43年の国内の動き | トップページ | 東名高速道路開通 »