« 50年前の東京タワー | トップページ | ビジネス特急「こだま」号の出発 »

2012年5月 6日 (日)

初の一万円紙幣と百円銀貨を発行

Img_0077日本銀行から発行の一万円紙幣と百円銀貨

昭和33年12月に、日本で初めての一万円紙幣が発行されました。

その前後に、下の百円銀貨が発行されていますが、左の鳳凰が昭和32、33年、右の稲穂が昭和34年から41年まで発行され(いずれも品位 銀600 銅300 亜鉛100)、以降は現在の桜の花のデザインで白銅貨になりました。

また、大正11年から昭和13年まで続いた小型五十銭銀貨(品位 銀720  銅280)は発行が打ち切られました。

昭和39年に東京オリンピック記念銀貨が千円(品位 銀925 銅75)と百円(品位 銀600

銅300 亜鉛100)の2種類が発行されています。

昭和61、62年に、日本で初めての昭和天皇御在位60年記念十万円金貨が(一万円銀貨と同時に)発行されました。以上は昭和年間のもので平成年間発行は省略します。


« 50年前の東京タワー | トップページ | ビジネス特急「こだま」号の出発 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54645829

この記事へのトラックバック一覧です: 初の一万円紙幣と百円銀貨を発行:

« 50年前の東京タワー | トップページ | ビジネス特急「こだま」号の出発 »