« ビジネス特急「こだま」号の出発 | トップページ | ステレオレコードの出現 »

2012年5月 8日 (火)

日本で最初の本格的な陸上競技場完成

Img_0082オープンした国立競技場の全景と切手

昭和33年に国立霞ヶ丘競技場が完成しますが、その前身として神宮競技場が大正13年に造られました。戦争中は陸上競技の他に学徒出陣の壮行会などが行われたり、各種催し物の場としても使われました。

かって1940年にオリンピック東京大会の開催権を返上した日本は、その名誉を回復する意味から戦後の復興を機に昭和27年に、東京都議会で1960年の第17回夏季オリンピック東京大会の招致を決議して、その開催地としての候補を明治神宮外苑競技場に選んで来日したIOC会長に提案しました。

その結果 昭和30年のICO総会で投票が行われましたが、残念ながらイタリアのローマに決まりました。続いて日本は「1964年第18回夏季大会」に立候補して圧倒的多数の賛成v票を得て、開催地として選出されました。(投票結果 日本{東京}34票 米国[デトロイト]10票 オ-ストリア[ウィーン]9票 ベルギー[ブリュッセル]5票)


« ビジネス特急「こだま」号の出発 | トップページ | ステレオレコードの出現 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54663168

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で最初の本格的な陸上競技場完成:

« ビジネス特急「こだま」号の出発 | トップページ | ステレオレコードの出現 »