« 生活の大革命「自動式電気釜」 | トップページ | 広辞林が出版されて57年 »

2012年4月22日 (日)

日本初のトランジスターラジオTR-55

Img_0043TR-55型トランジスターラジオ

昭和30年、東京通信工業(現ソニー)から発売された日本最初のトランジスターラジオです。使用トランジスターは5石、重さ560g、販売価格は18,000円です。当時の公務員の初任給が約1万円でした。

それまでのポータブルラジオは真空管式でかなり重く、電池の消耗が早くて予備を持って行かないとすぐなくなりました。

その頃のトランジスターはまだ完全に実用化されたものではなく、アメリカでも開発途上にありました。東通工がウェスタンエレクトリック社から製造技術を引き継いでゼロから開発を初めています。最初のトランジスターは補聴器に使用できるレベルで、ラジオ(電波)には使えませんでしたが、その量産化に成功、その成果がTR-55でした。

上の写真右下はそのデザインでバックの写真はICR-S1の内部です。

ソニーは、トランジスターそのものを高周波回路に使えるまでに高めた功労者でした。

« 生活の大革命「自動式電気釜」 | トップページ | 広辞林が出版されて57年 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54531496

この記事へのトラックバック一覧です: 日本初のトランジスターラジオTR-55:

« 生活の大革命「自動式電気釜」 | トップページ | 広辞林が出版されて57年 »