« 昭和28年の話題 | トップページ | テレビは「プロレス」、映画は「ゴジラ」 »

2012年4月15日 (日)

名古屋のテレビ塔

Img_0022日本最初の名古屋テレビ塔

昭和29年に竣工した名古屋のテレビ塔で、50年間、名古屋を中心に50km圏内にアナログTV電波をはじめ各種の電波を送り続けました。周囲の写真は100mのスカイバルコニーから景観です。(パンフレットより)東は鳳来寺山や恵那山、西は御在所山、北はアルプスの山々、南は伊良湖岬や渥美半島まで望めます。

高さ180m(総重量3,300t)は昭和33年に東京タワーが出来るまでは日本で第1位でした。平成17年に有形文化財に指定され、アナログ放送の終了とともに「恋人たちの聖地」として残されております。所在地は名古屋市中区錦3丁目にあります。

設計者は、札幌電波塔、東京タワーと同じ内藤多仲氏によるものです。

« 昭和28年の話題 | トップページ | テレビは「プロレス」、映画は「ゴジラ」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54477585

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋のテレビ塔:

« 昭和28年の話題 | トップページ | テレビは「プロレス」、映画は「ゴジラ」 »