« 西部劇とガンブーム | トップページ | 生活の中に子供たちの遊びがもどってくる »

2012年4月26日 (木)

ラジコン自動車の発売

Img_0051ラジコンは子供たちの大人気

昭和30年に、日本のおもちゃ界に初めてラジコン(電波でコントロールする自動車)が走りました。デパートのおもちゃ売り場に子供たちが押し寄せて大反響に・・・・・・。これは日本だけでなく世界にも最初の出来事で海の向こうでも話題になって引き合いが殺到しました。

無線で自動車をコントロールすることは当時としては画期的なことで、この年は日本で最初のトランジスターラジオが発売されて世界の注目を浴びたばかりでした。

売り場では、子供たちが順番を争ってコントローラーを奪い合い、夢中になりましたが、価格はかなりになっており、おいそれと買えるおもちゃではなかったようです。ラジコンと言いながら真空管やトランジスターを使ったメカニズムではなく、リモコンのスイッチを押すと電気的に火花(外部からは見えない)が出て、そこから電波を出して離れた場所にある自動車のアンテナに送り、前進、後退、右折、左折の操作を繰り返すものでした。昔の無線機は火花式と言われていましたが、その小規模なものです。

その後、トランジスターが実用化されると、特にラジコン用に許される周波数を用いて実際に電波を飛ばしてコントロールする本格的なリモコン模型(飛行機や船など)が普及することになります。


« 西部劇とガンブーム | トップページ | 生活の中に子供たちの遊びがもどってくる »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54564337

この記事へのトラックバック一覧です: ラジコン自動車の発売:

« 西部劇とガンブーム | トップページ | 生活の中に子供たちの遊びがもどってくる »