« 日本のボーリングの変遷 | トップページ | スクーターはラビットから始まった »

2012年4月 8日 (日)

東京にもトロリーバスが走った

Img_0009トロリーポールをつけた電気自動車(京都)

東京都内に初めてトロリー乗合バスが走ったのは昭和27年でした。今川橋ー上野公園間を15円で走りました。バスと言っても電気で動きますから運転手と男性車掌がおり、その後昭和30年に池袋ー千駄ヶ谷間、43年には池袋ー渋谷間にも開通しますが、乗客数の増大と大型の乗合自動車の出現で採算が合わず16年間の営業運転で終了しています。

上の写真は、昭和7年に東京市で使う予定だったトロリーバスの第一号が京都市内に回されて、架線をめぐらせた道路を運行しているところで、線路が不要なことは運転に自由度がありましたが、架線ポールが屋根に二本あって、バックする際にはずれやすく、風雨や積雪に弱いなどの欠点がありました。

明治時代の路面電車にも当初は2本のポールがありましたが、途中から帰線(マイナス用)をレールに置き換えて1本になりました。


« 日本のボーリングの変遷 | トップページ | スクーターはラビットから始まった »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54418708

この記事へのトラックバック一覧です: 東京にもトロリーバスが走った:

« 日本のボーリングの変遷 | トップページ | スクーターはラビットから始まった »