« テレビジョンCMの日 | トップページ | マジックインキはフェルトペンの革命児 »

2012年4月12日 (木)

公衆電話ボックスに青電話機設置

Img_0018公衆電話ボックスの青電話機(右)と赤電話機

NTTでは、昭和28年に公衆電話ボックス内にボタン式硬貨後納式の青電話を設置します。これは、ダイヤルを回して相手が電話に出たことを確認してからボタンを押し10秒以内にコインを入れるという面倒なもので評判が悪く、3年後に前払い式に改善しましすが、市外通話はできませんでした。上記の写真は昭和43年の大形青電話機で110番と119番の緊急ダイヤルは無料で別ユニットになっていました。

左の赤電話機は昭和30年からたばこ店なと゜に置かれたのもので(当時ものは小型)、写真の電話機は大型になって(昭和40年から)商店などの店頭に置いて市外通話もかけられました。駅前の公衆電話コーナーなどにも設置されて若者たちの人気を呼び風物詩にもなっていました。

« テレビジョンCMの日 | トップページ | マジックインキはフェルトペンの革命児 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54452865

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆電話ボックスに青電話機設置:

« テレビジョンCMの日 | トップページ | マジックインキはフェルトペンの革命児 »