« 日本初のトランジスターラジオTR-55 | トップページ | これがシネラマだ »

2012年4月23日 (月)

広辞林が出版されて57年

Img_0044手元にある辞書を並べてみました

昭和30年に岩波書店から「広辞苑」が出版されました。これに続いて下記のように数社から辞書が出されて平成まで続きました。

平成年間になると「電卓」から「電子辞書」へと進化して、辞書だけではなく、ビジネス、家庭、実用書、学習参考書 外国語など膨大な内容を持つコンパクトなサイズになってきました。

そして、平成20年に第6版の発行となりました。

ご存じの方も多いと思いますが、「広辞苑」の源流は昭和10年の「辭苑(新村出編)」で、70年を超える歴史があります。

参考までに昭和初期から発行された辞書の一部を列挙してみました。(昭和15年発行の「図書分類目録」参照)

書名        編者       出版社      初版       定価

大言海(全5巻)  大槻文彦     冨山房     昭和10年   各6円50銭

辭  苑     新村 出      博文館     昭和10年   4円20銭

廣辭林      金澤庄三郎   三省堂     昭和15年    3円90銭

           -                -

広辞苑      新村 出     岩波書店   昭和30年    7875円(第6版)

:言  林     新村 出      全国書店   昭和32年    1200円

国語大辞典  金田一春彦 他  学習研究社  昭和55年   11000円

日本語大辞典 梅棹 忠夫 他  講談社     平成元年    7300円

大辞林      松村 明 他   三省堂     平成7年     7300円

« 日本初のトランジスターラジオTR-55 | トップページ | これがシネラマだ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

タイトルの「広辞林」は「広辞苑」の間違いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54540478

この記事へのトラックバック一覧です: 広辞林が出版されて57年:

« 日本初のトランジスターラジオTR-55 | トップページ | これがシネラマだ »