« 昭和22年の話題 | トップページ | 円盤レコードの100年史 »

2012年3月 7日 (水)

戦後の激変する乗り物の乗車賃

Img_0272明治の路面電車と昭和初期の乗り換え切符

ここでは昭和21年から25年頃までの東京を中心とした乗り物乗車賃の移り変わりを紹介します。上記の写真は明治36年に初めて東京市内に走った路面電車と昭和20年頃まで使われていた乗り換え切符です。

      昭和21年     昭和22年    昭和23年    昭和24年

[JR新橋-大阪 3等]

      15円50銭      →        →         →    昭和25年 610円

[JR山手線 初乗り運賃]  

      3月 20銭     3月 50銭    

                              7月 1円     7月 3円     5月 5円

[都電(乗り換えなし)]

      3月 40銭     3月 50銭    6月 3円50銭  6月 8円

                 6月 1円     8月 6円

                 9月 2円

[都営バス(1区間)]

      3月 40銭     2月 50銭    6月 3円50銭  6月 10円

                 6月 1円     8月 6円

[私鉄運賃(北千住-西新井)]

      3月 40銭     3月  50銭    7月 5円

[地下鉄(全線均一運賃)]

      4月 30銭     3月 60銭    5月 3円50銭     → 昭和25年 10円

      6月 50銭     7月 1円50銭    7月 7円

                 12月 2円

                            「値段の風俗史」を参考に作成

    

« 昭和22年の話題 | トップページ | 円盤レコードの100年史 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54163211

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後の激変する乗り物の乗車賃:

« 昭和22年の話題 | トップページ | 円盤レコードの100年史 »