« 湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞 | トップページ | アメリカをなぜ米国と書くのか? »

2012年3月17日 (土)

昭和20,年代前半の食べ物の物価変動

Img_0293ほろにが君

       昭和21年     22年       23年      24年      25年

[塩 1kg] 

     1月 1円14銭  4月 4円93銭   6月 12円48銭

     12月 1円43銭  9月 5円58銭  12月24円65銭

[鶏卵 100匁] 

      15円20銭      39円10銭    93円70銭   121円570銭  86円90銭

[納豆 60g]  

          →        →        5円       →       8円

[食パン 1斤]

       1円20銭       →       6円24銭     →       23円

[コロッケ] 

           →       →        →       3 - 4円     5円

[お汁粉] 

            5円      →       10円       20円      50円

[コーヒー] 

            →      →        20円       →       30円

[ラムネ]

         1円55銭     6円50銭     15円     14円30銭    13円

[サイダー] 

          7円30銭     13円       48円     53円      48円

[ラーメン]

         20円         →        →       23円      25円

[生ビール ジョッキ]   

                     52円      130円      →        135円            

« 湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞 | トップページ | アメリカをなぜ米国と書くのか? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54242156

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和20,年代前半の食べ物の物価変動:

« 湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞 | トップページ | アメリカをなぜ米国と書くのか? »