« 最悪の食糧事情 | トップページ | 「デンスケM-1」の由来 »

2012年2月29日 (水)

マイクが国民の声を聞く「街頭録音」

Img_0243東京・銀座資生堂前で行われた「街頭録音」

NHKでは、GHQの指示により昭和20年9月より毎週月、水、金曜日に直接町に出てマイクで歩いている人から実際の声を収録して「街頭にて」という番組を放送をしておりました。これは、まだテープレコーダーがない頃で現地に放送車を停め、設置した円盤レコード録音機に直接録音して、編集して流すというものでした。

翌年5月からこの街頭録音を銀座の資生堂前に移して、アナウンサーのリードによって率直な発言と討論会を兼ねた形式になって、時には当時の片山総理大臣まで登場する人気番組になりました。

その時の最初のテーマが「あなたはどうして食べていますか?」で切実な食糧問題を取り上げました。回を重ねるごとに人が集まり、都電の線路にまであふれて収集がつかなくなり、松屋デパートの脇に移して、毎回テーマを変えて続けられました。

これは、後に「放送討論会」番組になって行きますが、藤倉アナがマイクを片手にかついで歩いた「でんすけ」と呼ばれる携帯用テープレコーダーは昭和26年以降になります。

« 最悪の食糧事情 | トップページ | 「デンスケM-1」の由来 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54104656

この記事へのトラックバック一覧です: マイクが国民の声を聞く「街頭録音」:

« 最悪の食糧事情 | トップページ | 「デンスケM-1」の由来 »