« 日本の歴史を変えた10年 | トップページ | 今日は「建国記念の日」 »

2012年2月10日 (金)

東京大空襲の日

Img_0208陸軍記念日のポスター

昭和20年3月10日午前零時を過ぎた頃、約300機のB29爆撃機が東京上空に飛来、およそ2時間ほどの間に芝区、浅草区、城東区、深川区一帯に40万発の焼夷弾と爆弾を投下しました。

死者約10万人、負傷者5万人、被害者の総数は100万人を超え、東京の市街地の30%以上が消失しました。

上のポスターは陸軍記念日(3月10日)に合わせて「撃ちてし止まむ」を呼びかけた陸軍省が作成したものです。

戦後の調査では、アメリカ軍の記録にこの日を選んだと言う特別な記述は見られませんでした。この日は1905年に日露戦争の折り、日本が満州の奉天(現在の瀋陽)を占領したことを記念して設けられた日になっていました。

さらに、同年5月27日に神奈川県の横須賀軍港が空襲を受け壊滅的な被害を受けていますが、この日は同じ1905年に日本海海戦で日本海軍が世界最強と言われたロシアのバルチック艦隊に勝ったことを記して海軍記念日に定めていました。

« 日本の歴史を変えた10年 | トップページ | 今日は「建国記念の日」 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/53948490

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大空襲の日:

« 日本の歴史を変えた10年 | トップページ | 今日は「建国記念の日」 »