« 輪タク第一号は東京・新宿から | トップページ | 昭和の家庭用精米器? »

2012年2月18日 (土)

昭和50年代まであった米穀類購入通帳

Img_0230身分証明書にも使われた米穀通帳

昭和20年8月15日、玉音放送を聞き終わった人々は虚脱状態のまま、とぼとぼと我が家にたどり着いたもののそれぞれの身の置き方を交わす言葉も少なく畳の上にくずれるように座り込みました。

暑かった日射しが翳り始めると、夕暮れとともにあちらこちらの家の窓から宝石のように輝く電球の光が灯り始めました。それは数年振りの平和な生活の復活でした。「電気が漏れているぞ」と怒鳴る声も聞こえません。外に出てに見上げる満天の星空はやさしく瞬いていました。それから数か月、どんなことが起こったか月を追って振り返ってみます。

  8月 ラジオから、久しぶりにニュース・天気予報が聞こえる

     神奈川県の厚木飛行場にマッカーサー元帥が到着したとニュース

  9月 電波が解禁になって世界中の短波放送が聞こえるようになる

     アメリカ兵たちがジープでやってきても女性は笑顔をみせるなと新聞が警告

     東京・日比谷の第一生命ビルがGHQの本部になり、神宮外苑の野球場も接収

     天皇陛下がマッカーサー元帥を訪問

     街頭に闇市が氾濫、ぞうすい、すいとん、蒸かしいもなどが飛ぶように売れる

 10月 GHQから帝国憲法の改定と婦人の地位解放、労働組合の助成, 農地改革の促 

          進を指示

          戦後初の映画「そよ風」上映、りんごの歌が大ヒット

    日本勧業銀行から第一回宝くじ発売、1等10万円 副賞キャラコ2反

 11月 GHQによる日本の財閥解体

     閣議で生鮮食料品の配給 価格統制撤廃

     全国人口調査 総人口7199万8104人 東京都人口 348万8284人

   12月 物価 はがき5銭 封書10銭 都電20銭 東京-大阪 三等運賃 15円50銭     

« 輪タク第一号は東京・新宿から | トップページ | 昭和の家庭用精米器? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566220/54014817

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和50年代まであった米穀類購入通帳:

« 輪タク第一号は東京・新宿から | トップページ | 昭和の家庭用精米器? »